お医者さんは高血圧を根本から改善させる気がないのでしょうか?

こんにちは、やまざきです。

 

高血圧になるとお医者さんのところへ行って

診断をもらい血圧を下げる治療を始めていく。

 

この流れが一般的です。

 

実際に私のところに来る患者さんも

まずは病院に行ってからという人が多いのが事実です。

 

でもお医者さんの指示を仰いでいるのに

血圧が下がらないということを嘆く方が多い。

 

それでなぜそうなってしまうのかということを考えてみました。

 

そして私が思ったのはお医者さんには患者さんの血圧を

根本から改善させる気がないように感じました。

 

ということで今回はなぜ私が

お医者さんは患者さんの血圧を根本から改善させる気がない

と思っているかについてお話ししていきたいとおもいます。

 

降圧剤を処方する時点で・・・

高血圧と診断されてお医者さんから

薬の処方が必要ですと言われることがあります。

 

「先生本当に飲まなきゃダメなんですか?」

と聞き返したらこう言われることはありませんか?

 

「心筋梗塞や脳卒中で危険な状態にならないように

薬を飲まないといけないんですよ」

 

まず真っ先に思うのは血圧を根本的に改善させるなら

降圧剤を使うのははっきり言ってありえません。

 

患者さんをバカにしているのかとすら思えます。

 

というかむしろ悪化させる方へと導いています。

 

確かに高血圧を放っておくと

命に関わる病気になることは間違いありません。

 

だから血圧を下げましょうというのはわかります。

 

それに降圧剤は飲むと血圧が下がるのは事実です。

 

ですが降圧剤はあくまで一時的に血圧を下げるだけ。

 

薬の効果が切れてしまえばまた血圧が上がります。

 

 

それに降圧剤は飲んだら血圧が下がる理由が

現代の医療技術をもってしても未だにわかりません。

 

とりあえず、飲めばなぜか下がっちゃうから処方しているにすぎないんです。

 

それに降圧剤には副作用があります。

 

 

この文章を読んでもわかるように

血圧を改善するために飲んでいるはずが

むしろ病気を招きかねないというわけです。

 

認知症なんてかかってしまうと一生治りません。

 

薬を飲んでいて気づかぬうちにボケていき

最終的には家族に介護で迷惑をかけてしまいます。

 

徘徊をして行方不明になってしまったり

自分一人でトイレも風呂にも入れなくなります。

 

高血圧の薬を飲んでいることが引き金になってしまうんです。

 

怖くないですか?

 

じゃあなんで降圧剤を飲ませるのか

 

謎に血圧を下げて、治せるわけでもない。

 

むしろ病気に向かって行ってしまう。

 

降圧剤はそんな薬です。

 

 

ではなんでお医者さんは降圧剤を処方するのでしょうか?

 

それは一言で言うと儲かるからです。

 

ここで間違って欲しくないのは

儲けを出すことはある意味しょうがないことです。

 

病院も運営していくためには利益を出さないといけません。

 

運営が成り立っているから

いざ病気になった時の拠り所になっているのは事実です。

 

私も鍼灸整骨院を経営する立場としてそこはわかります。

 

 

ですが降圧剤を処方するにあたっては別です。

 

高血圧の診断を受けて薬の説明の時に

「死ぬまで一生飲まなければいけませんよ」

と言うニュアンスのことを言われませんか?

 

 

これって

「死ぬまで一生、この病院にお金を払ってね」

と言っているのと同じです。

 

 

だって死ぬまで診察に行かないといけませんし

死ぬまで薬を処方してもらわなければいけませんからね。

 

どちらにせよお金がかかるのは避けられません。

 

つまり降圧剤を処方できたら

患者さんにリピーターになってもらえる確率が急上昇します。

 

死ぬまでリピーターですから相当な金額が病院に入って来ますよ。

 

 

1ヶ月3000円かかるとして1年で36000円ですが

もしそれが死ぬまで20年間続いたら・・・

 

72万円ですよ?

 

 

で、降圧剤は飲むと血圧が下がるから

患者さんを安心させることができてしまいます。

 

逆に薬を飲ませず血圧が高いままで

患者さんが亡くなってしまったら

責任がお医者さんに降りかかって来ます。

 

最近テレビでも話題になりますが

医療訴訟は非常に厄介な問題ですからね。

 

だから尚更お医者さんにとっては

降圧剤を処方した方が都合がいいということです。

 

降圧剤に頼らないでほしい

 

お医者さんは副作用のような悪い面は見せずに

降圧剤を勧めてくることを思うと

私は正直本当に腹が立ちます。

 

飲み続けても根本的には改善しないんです。

 

しかも副作用もあるわけです。

 

それなら降圧剤を飲まずに

血圧を根本的に改善した方がいいと思いませんか?

 

 

私は過去に高血圧になってしまいました。

 

血圧を下げる方法を模索する中で

降圧剤の原因不明に血圧が下がる事実や副作用を知りました。

 

飲めば飲むほど悪循環な降圧剤。

 

あの時の恐怖は今でも忘れられませんね。

 

そして私は降圧剤に頼らないことを心に誓いました。

 

そこから徹底的に自力で血圧を下げる方法を学んだことで

降圧剤に頼らなくても血圧を根本的に改善することができました。

 

薬を飲まないと血圧が上がってしまう・・・

と言う不安はもちろんありません。

 

私は最近、筋トレをし始めました。

 

というのも高血圧だった時に2歳の息子に

 

 

「そーれ!たかいたか〜い」

 

と、遊んであげていたら筋力が衰えていたのか翌日

腕がパンパンですごい筋肉痛だったんですよ(笑)

 

「あ・・・これ鍛えないとダメだな・・・」って。

 

 

血圧が高いと筋トレは血管が破裂する危険性が高くて

絶対にやってはいけないのでできなかったんです。

 

だから血圧が高い時は鍛えたくても鍛えられませんでした。

 

でも今は筋トレも気兼ねなくできて

腕に筋肉がついてたかいたかいも難なくできるようになって

今まで以上に思いっきり遊べるようになりました。

 

やっぱり子供と全力で遊べるのは

父親として何よりも嬉しいことです。

 

 

ちなみに自力で血圧を下げると聞いて

ハードルを感じなくても大丈夫です。

 

一般的に言われている運動をしなさいとか

減塩食に変えなさいとかではありませんから。

 

血圧を下げるための知識はすごくシンプルです。

 

こちらの記事で正しい知識について話しています。

 

だからこそ降圧剤に頼らずに

自力で血圧を下げる努力をしていただきたいと思います。

 

それでは失礼します。

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を39mmHg下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

降圧剤を飲むと死を招く恐れがあります。

と言われても
死なないために降圧剤を飲むんじゃないの?

と思いますよね。
でも実際に私の患者さんで亡くなった方がいます。

その方はお孫さんを可愛がる、釣りが趣味の明るい方でした。
でも、もう帰ってくることはありません。

私自身、高血圧になりわかりました。
世の中の高血圧治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい血圧改善法を知り試した結果
降圧剤・減塩・運動なしで根本から血圧を下げることができました。

その値、なんと最高血圧-39mmHg,最低血圧-30mmHg

その方法を私の元に来院される患者さんに伝えると
ありがたいことに血圧が良くなった方がいます。

高血圧は降圧剤・減塩・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が高血圧を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を改善したやまざきの治療体験記


私が実際に一ヶ月間飲んで本当に血圧に変化があった体験記


最高血圧 -25mmHg、最低血圧 -18mmHgの数値の変化がありました

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495

「きなり」を無料で手に入れる方法を限定公開中
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料で手に入れるにはこちら