高血圧を改善できる本当のお医者さんは自分自身

高血圧を改善しようと思うと

お医者さんに指示を仰ごうとする方が多いですが

私はこの場ではっきりと言います。

 

高血圧を改善させることができるのは

お医者さんではなく自分自身です。

 

 

ということでなぜ私がこのように発言するのか

今回はお話ししていこうと思います。

 

お医者さんができるのは血圧をごまかすことだけ

高血圧になったからなんとか血圧を下げたい。

 

そう思うことは非常に良いことです。

 

世の中には大したことないだろうと思って

放っておいてしまう方がたくさんいます。

 

その放っておいた結果が死を招きかねせん。

 

だからこそ血圧を改善したいと思うその気持ちは

大事にしていただきたいところです。

 

 

ですが、心に留めておいてほしいことがあります。

 

それは

お医者さんにできることは血圧をごまかすことだけ

ということです。

 

お医者さんが指導する血圧改善法は

生活習慣の改善と降圧剤の処方です。

 

その中で生活習慣の改善は自分自身でやることなので

お医者さんが指導として言うことはできても

代わりにはやってくれません。

 

ちなみに生活習慣の改善こそ

自分自身が最大の医者になれる鍵ですが

それは後ほど話していくとして置いておきます。

 

 

で、問題なのは降圧剤の処方です。

降圧剤の処方はお医者さんじゃないとできませんからね。

 

薬って病気を治してくれるイメージが凄くないですか?

 

風邪を引いたら風邪薬を飲む、

頭が痛ければ頭痛薬を飲む、

腰が痛ければ塗り薬を塗る。

 

それぞれ薬を使えば治るというイメージがありますけど

これって実際のところ治しているわけではありません。

 

あくまで症状を抑えているだけです。

 

だるさや痛さを和らげているだけなんです。

 

だから根本的に治しているわけではない。

 

 

これは降圧剤も全く同じです。

 

血圧が上がるから飲む。

 

飲んだら血圧が下がる。

 

でもまた血圧が上がってくるから飲む。

 

この繰り返し。

 

結局血圧をごまかしているだけなんです。

 

だからお医者さんができることって

血圧をごまかすための処置しかできないので

血圧を治してくれるわけではありません。

 

 

そしてもっと怖いのは副作用です。

 

私はこのサイトで降圧剤は一貫して否定しています。

 

その理由がまさしくこれです。

 

ただここで副作用について書いてしまうと

非常に長くなってしまうので

こちらの記事を読んでいただけると幸いです。

 

この降圧剤に私のところに来院される

58歳のRさんという方が悩まされていました。

 

もともとRさんは30代の頃から血圧が高めだったそうですが

若いから大丈夫、問題ないと思っていました。

 

しかし47歳の時に仕事のストレスや疲労が重なって

ある日仕事から帰ってきた時に立っていられないほどのめまいを感じます。

 

心配になり幸いにも翌日は休みだったので

近所の内科に行って血圧を測ると・・・

 

最高血圧が171mmHg、最低血圧が93mmHg

 

問答無用の高血圧です。

 

その日から降圧剤の処方が始まりました。

 

 

朝晩の食事後に飲むように言われ

Rさんは降圧剤を飲むようになりました。

 

・・・しかし

 

降圧剤を飲んだ時は血圧が下がるものの

また血圧がどんどん上がってきて飲む。

 

これの繰り返しでした。

 

しかもRさんは降圧剤の副作用の一つである

頭痛に悩まされることになりました。

結局11年間薬を飲んでいたのですが

もちろん治ることはありません。

 

血圧をごまかし続けていたわけです。

 

初めて来院された際に施術をしているとRさんが

「今まで高血圧甘く見てましたよ、先生。

降圧剤を一生飲み続けるなんて嘘だと思ってたし

正直最初は嫌だったんですけど

このままだと本当に一生飲むことになりそうですよ・・・」

と諦めたような顔で仰っていました。

 

生活習慣の改善こそ自分が最高の医者になれる理由

 

結局お医者さんに頼っても血圧を改善することはできません。

 

だからこそ自分で改善させなければいけません。

 

自分で改善をするために生活習慣の改善が必要になってきます。

 

これが冒頭でも言ったように肝です。

 

でも生活習慣を改善させるの大変そうだし難しそう・・・

だって減塩したりウォーキングしないといけませんよね?

 

とあなたは思われるかもしれません。

 

一般的にはそうやって言われていますからね。

 

 

確かに一般的に言われている改善法は大変です。

 

Rさんも

「週に3日、1回に30分頑張ってウォーキングやってたし

減塩も家内に頼んでお願いしてやってみたんです。

 

でも結局ウォーキングは仕事で疲れた後にやるのが嫌になって

減塩は美味しくない割に効果がなかったんですよね・・・

 

これでも3ヶ月くらい頑張ったんですよ?

 

だから結局、降圧剤で血圧をコントロールするしかなくって・・・」

と一般的に言われている改善法をしっかり試していました。

 

しかし、大変だった上に効果がなかったことでやめてしまいました。

 

 

でも安心してください。

きちんと正しい知識があれば

血圧改善は難しいものではありません。

 

 

というのも正しい知識というのは

減塩をするわけでもウォーキングするわけでもないからです。

 

食事の方法を変えるのと生活の中にあることを取り入れるだけ。

 

この生活習慣の改善が根本的に血圧を改善します。

 

 

詳しくは私のプロフィールを見ていただきたいですが

実際に私も正しい知識を取り入れたことによって

血圧を根本的に下げることができました。

 

そして先ほどのRさんにこの正しい知識を教えました。

 

Rさんに

「え〜、先生いくらなんでもそれはねえ・・・」

と言われましたが私が実際にやって下がったので

Rさんにもなんとか説得してやってもらいました。

 

確かにRさんはウォーキングや減塩を頑張っていたので

にわかに信じられなかったのも無理はないと思います。

 

 

ですがRさんに教えた3ヶ月後。

 

再びRさんが私のところに来院されました。

 

Rさんに血圧はどうなったのかお話を伺ってみると

「先生、血圧本当に下がりました!!

 

最初はあまりにも簡単だったので

疑ってかかってしまいましたが

あの時は疑って本当にごめんなさい。

 

あ、それと、お医者さんと相談して薬もやめることになりました!

 

まさか降圧剤を止めることができるとは思ってもみなかったです。

 

これであの頭痛ともおさらばと思うと

定年近いけどもっと仕事頑張れそうですよ!」

とRさんが大事な試合に勝った時のような明るい笑顔で

状況を伝えてくれたのが今でも印象的です。

 

 

だからこそ私は本当に血圧を改善できるのは

自分自身だと実感しています。

 

お医者さんなんかではありません。

 

自分自身がいかに正しい行動をするかです。

 

私はRさんに知識を教えることをしただけで

Rさんが行動したからこそ血圧を改善できました。

 

私はこのサイトを通して

あなたに正しい知識を伝えていき

行動するお手伝いができたらと願っております。

 

それでは今回はこれで失礼します。

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を39mmHg下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

降圧剤を飲むと死を招く恐れがあります。

と言われても
死なないために降圧剤を飲むんじゃないの?

と思いますよね。
でも実際に私の患者さんで亡くなった方がいます。

その方はお孫さんを可愛がる、釣りが趣味の明るい方でした。
でも、もう帰ってくることはありません。

私自身、高血圧になりわかりました。
世の中の高血圧治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい血圧改善法を知り試した結果
降圧剤・減塩・運動なしで根本から血圧を下げることができました。

その値、なんと最高血圧-39mmHg,最低血圧-30mmHg

その方法を私の元に来院される患者さんに伝えると
ありがたいことに血圧が良くなった方がいます。

高血圧は降圧剤・減塩・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が高血圧を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を改善したやまざきの治療体験記


私が実際に一ヶ月間飲んで本当に血圧に変化があった体験記


最高血圧 -25mmHg、最低血圧 -18mmHgの数値の変化がありました

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495

「きなり」を無料で手に入れる方法を限定公開中
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料で手に入れるにはこちら