患者を苦しめる「塩分控えめ信仰」いい加減やめませんか?

 

 

血圧が高くなると決まって

 

「塩分を控えましょう!」

 

という生活指導が入ります。

 

 

血圧上がる=塩分を控えなさい

というのが当たり前になっているこの風潮。

 

 

「塩分控えめ信仰」

とでも言いましょうか。

 

 

これに私はうんざりしています。

 

 

ということで今回はなぜ私が

「塩分控えめ信仰」にうんざりしているかについて

お話していきたいと思います。

 

 

塩分で血圧が上がる人は2割しかいないのに・・・

 

まずそもそもな話なんですけど

塩分を摂取して血圧が上がる人って

日本人の2割しかいません。

 

 

(「食塩感受性」が塩分を摂ると血圧が上がる人のことです)

 

 

たったの2割ですよ。

 

 

だから減塩をどれだけ頑張ろうが全く報われない人が8割。

 

 

ですがお医者さん向けの高血圧の治療方針ガイドにも

厚生労働省のサイトにも一切このことは触れず

塩分を摂りすぎないようにしましょうとだけ言っています。

 

 

それどころかあたかも

「塩分を減らすと必ず血圧が下がります」

みたいな書き方がされているんです。

 

 

塩分控えても血圧が下がらない人は完全無視。

 

 

怠慢だとしか思えませんね。

 

 

この理由は厚生労働省が
「今のところ食塩で血圧が上がる人かどうか

測る方法がないからとりあえず誰でも塩分を減らそう」

 

という方針を持っているからです。

 

 

確かに塩分の摂りすぎは良くないのは事実ですよ。

 

 

血管や内臓を傷めることに繋がるので

そういう意味では確かに間違いではありません。

 

 

また、塩分を摂って血圧が上がるかどうか測る方法がないのは事実です。

 

 

しばらく塩分控えめにしてみて

それで血圧が下がるのならば塩分が関係がある人

という発見の仕方しかできません。

 

 

でもそんな説明一切なしに

減塩は血圧を下げるみたいな書き方ですから

ものすごく無責任な話だと思いません?

 

 

それならせめて一言でも

 

「しばらく減塩してみて効果が無かったら

塩分で血圧が上がらないタイプです」

 

くらいに言えば済む話ですからね。

 

 

国民の健康が大事だとかよくもまあ言えたものだって感じですよ。

 

 

この無責任な方針のせいで、

実際に私のところに来院される患者さんに

減塩に気を付けているのに血圧が下がらない方がいました。

 

 

その方はすごく減塩を頑張っていました。

 

 

お医者さんから高血圧だから減塩しなさいと言われ

奥さんに頼んで減塩料理を作ってもらい

大好きだった漬物も塩分が多いから控えました。

 

 

また外食も塩分が多いからなるべく避けて

付き合いで行ったとしても自分の好きなメニューではなく

なるべく塩分が少なくなるようなメニューを注文。

 

 

塩気のある、おやつやおつまみも辞めました。

 

 

このような感じで毎日塩分の管理に気を付けていたそうです。

 

 

でも、家でのご飯は味が薄くて美味しくなく

食事の時間が楽しくなくなってしまいました。

 

 

外食もみんながおいしそうな濃い味のメニューを頼む中

自分だけ薄味の料理を頼まざるを得ず気を遣わせることに。

 

 

結果的に食べることがストレスになったそうです。

 

 

それでも血圧のためだと我慢して食べていました。

 

 

・・・ところが3か月間頑張っても一向に血圧は下がりません。

 

 

「味気ない料理を食べて好きな漬物も食べないようにして

外食の時にも薄味のものを頼むようにして

あれだけ必死に減塩したのになんでなんだろう・・・」

 

 

この方は食塩で血圧が上がらない人だったんですね。

 

 

高血圧を治そうとこの方を含めて

患者さんは必死になっているんですよ。

 

 

血圧が高いことで病気を引き起こして

命の危険にさらされる可能性があるわけです。

 

 

だから何とか血圧を下げようと頑張っているんです。

 

 

なのに、お医者さんや厚生労働省は適当なこと言って

頑張っている努力を無駄にしてストレスを抱えさせて

気持ちを踏みにじっているようにしか私は思えません。

 

 

だからこそ正しい知識を私は伝えたい

 

私のところに来た患者さんのように

必死に頑張っているのに血圧が下がらない。

 

 

味の薄い美味しくない料理を食べて

外食でもみんなと同じように食べたいのも我慢して

食べる楽しみがストレスに変わる。

 

 

下がることはないのに血圧を下げるためだからと我慢して減塩。

 

 

そんなの嫌じゃないですか?

 

 

本当は美味しくご飯が食べられたはずなのに

それをあんな方針のせいで無理して我慢させて。

 

 

頑張っている人が馬鹿を見るようなことは

血圧を改善するサイトを運営している身として、

そして医療従事者として私はしたくありません。

 

 

正しい知識を学べば高血圧は自分で治せる病気です。

 

 

先程の患者さんも正しい知識を身に着けたことで

塩分の摂りすぎには気を付けつつも

減塩以外の方法で血圧を下げることができました。

 

 

そのおかげでご飯も美味しく食べられるようになって

外食も気軽に行けるようになり

家族や友人に気を遣わなくていいので

楽しい食事の時間を過ごせるようになりました。

 

 

私自身も高血圧でしたが正しい知識を身に着けたおかげで

無理な減塩もなくきちんと血圧を下げることができました。

 

 

もし私も血圧を下げる方法をきちんと学んでいなかったら

血圧が下がらないストレスに悩まされていたと思うと怖いですね・・・

 

 

高血圧は病院に一生お世話になる病気ではありませんし

病院では高血圧を治す方法は教えてくれません。

 

 

改めて言いますが自分で治せます。

 

 

だからこそ私は高血圧を自分で治すための

正しい知識をこのサイトを通してお伝えしています。

 

 

正しい知識の一例としてこちらの記事

こちらの記事が参考になるのでよかったらどうぞ。

 

 

このサイトを通じて血圧を下げる正しい知識を学んでいただけると幸いです。

 

 

それではこのあたりで失礼します^^

 

 

 

 

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を39mmHg下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

降圧剤を飲むと死を招く恐れがあります。

と言われても
死なないために降圧剤を飲むんじゃないの?

と思いますよね。
でも実際に私の患者さんで亡くなった方がいます。

その方はお孫さんを可愛がる、釣りが趣味の明るい方でした。
でも、もう帰ってくることはありません。

私自身、高血圧になりわかりました。
世の中の高血圧治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい血圧改善法を知り試した結果
降圧剤・減塩・運動なしで根本から血圧を下げることができました。

その値、なんと最高血圧-39mmHg,最低血圧-30mmHg

その方法を私の元に来院される患者さんに伝えると
ありがたいことに血圧が良くなった方がいます。

高血圧は降圧剤・減塩・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が高血圧を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を改善したやまざきの治療体験記


私が実際に一ヶ月間飲んで本当に血圧に変化があった体験記


最高血圧 -25mmHg、最低血圧 -18mmHgの数値の変化がありました

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495

「きなり」を無料で手に入れる方法を限定公開中
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料で手に入れるにはこちら