血圧を下げる飲み物はお茶?コーヒー?即効性はある?

 

血圧が高いとなんとかして下げたいと思うものですよね。

 

そのためにはなるべく手軽なものがいい・・・

 

そこで今回は血圧を下げる飲み物について

お話ししていきたいと思います。

 

そもそも即効性があるの?

飲むだけで血圧が下がるということを聞いて

気になるところはすぐに効くのかということではないでしょうか?

 

結論から言うと飲んですぐに血圧を下げてくれる

ということではありません。

 

だいたい1ヶ月ほど飲み続けることによって

効果が出て来ると思った方がいいです。

 

ただし飲むだけなので非常に楽に続けることができますし

血圧を下げるために飲むと言うハードルは感じなくていいです。

 

普段飲む飲み物を今から挙げていくものに変える

くらいの気持ちで全然問題ありません。

 

それでは何を飲めばいいのかお話ししていきます。

 

血圧を下げる飲み物その1 お茶

日本人が慣れ親しんでいるお茶ですが

血圧に非常に効果があります。

 

お茶といってもたくさん種類がありますが

これから特に血圧に効果の高いお茶を挙げていきます。

 

緑茶

緑茶にはカテキンが多く含まれていますが

カテキンは血圧改善と非常に相性がいいです。

 

というのもカテキンには毛細血管を強くする働きがあります。

 

高血圧になると怖いのが動脈硬化で

血管が硬くなってしまうことです。

 

動脈硬化は血管の老化の一種ですが

カテキンを摂取すると血管の老化を防ぎ

動脈硬化の予防につながります。

 

なんでカテキンが血管の老化を防ぐのかというと

抗酸化作用が非常に強いからです。

 

人間が体内に酸素を取り入れてエネルギーを作る際に

「活性酸素」というものを作っています。

 

美容に詳しい方なら馴染みがあるかもしれませんが

この活性酸素は増えすぎると血管を傷つけます。

 

血管が傷つくことによって動脈がダメージを受けてしまい

傷んだ場所に悪玉コレステロールが入り込んで

動脈硬化を起こしてしまいます。

 

つまり活性酸素をどうにかしないといけないんですが

そのために抗酸化作用のある栄養素が必要になるわけです。

 

その抗酸化作用はカテキンはビタミンEの10倍

ビタミンCの80倍もあると言われています。

 

ですから緑茶は血圧を下げることにつながるわけですね。

 

ちなみにカテキンはお茶の中でも

発酵させていない茶葉を使ったお茶に多く含まれます。

 

緑茶と烏龍茶と紅茶は基本的に全て同じ植物ですが

発酵度合いの低い順に

緑茶(無発酵)、烏龍茶(半発酵)、紅茶(完全発酵)

となっています。

 

つまり同じ茶葉を使っていても

発酵度合いが低い緑茶に一番

カテキンが多く含まれているということですね。

 

そば茶

伝承の健康茶 そば茶 PET 500ml

https://www.itoen.co.jp/products/detail.php?id=71より引用

 

そば茶にはカテキンと同じポリフェノールの仲間である

ルチンというポリフェノールが多く含まれています。

 

このルチンにもカテキンと同様に抗酸化作用があり

血管の弾力性を強くする働きがあります。

 

ただしそばアレルギーの方は飲めない

というのが欠点ですね。

 

杜仲茶

小林製薬の杜仲茶(ペットボトル)

http://www.kobayashi.co.jp/seihin/tya_p/index.htmlより引用

杜仲茶にはゲニポシド酸という栄養素が含まれています。

 

このゲニポシド酸は副交感神経に作用して

血流の抵抗を下げるので血圧を下げることにつながります。

 

また自覚症状が少ないとはいえ

高血圧によって起こる症状として

めまいや腰痛などがあります。

 

その症状もゲニポシド酸が緩和してくれます。

 

それだけにとどまらずゲニポシド酸は

メタボリックシンドロームの予防にもつながります。

 

メタボリックシンドロームは高血圧の要因の1つですから

内臓脂肪が気になる方は飲むことをお勧めします。

 

ドクダミ茶

国産100%!ドクダミ茶(ティーパック)[90g(3g×30包)]05P24Jan13

http://item.rakuten.co.jp/okijo/ocha25s3/より引用

ドクダミ茶はカリウムを多く含んでいます。

 

カリウムにはナトリウム(塩分)を排出する作用があります。

 

ただし気をつけて欲しいのは

塩分を摂取して血圧が上がるタイプの人と

そうでない人で変わることです。

 

こちらの記事にも書いているのですが

塩分を摂取して血圧が上がるタイプの人は

日本人の中でたったの2割です。

 

塩分を摂取して血圧が上がるタイプの人は

カリウムで効果を感じられやすいでしょう。

 

しかしそうでない人にとってはカリウムを摂取したことで

血圧が下がる実感は起こりにくいと言えます。

 

玉ねぎ茶

玉ねぎ茶は玉ねぎの皮を乾燥させて

煮出して作るお茶です。

 

玉ねぎの皮にはケルセチンと言われる成分が多く含まれます。

 

ケルセチンには血管壁をカバーして

コレステロールの付着を防ぐ効果や

血管壁にこびりついているコレステロールを剥がすため

血管内を綺麗にしてくれる作用があります。

 

パックでも売っていますが

自宅でも簡単に作ることができます。

 

普段捨ててしまいがちな玉ねぎの皮で

作ることができるのでエコにもつながりますね。

 

作り方は以下の動画を参考にしてください。

 

 

ゴーヤ茶

ゴーヤはカリウムが非常に豊富な野菜ですので

ドクダミ茶と同様に塩分を摂取して

血圧が上がるタイプの人には有効です。

 

こちらもパックで売っていますが

もしも自分で作りたい場合は

以下の動画を参考にしてください。

 

 

 

黒豆茶

黒豆茶はアントシアニンが血圧に効果を発揮します。

 

アントシアニンはポリフェノールの一つで

活性酸素を除去し血小板の凝固を抑制するので

血液をサラサラにしてくれる作用があります。

 

なので血管の保護や強化循環機能の改善につながります。

 

黒豆茶もパックで売っていますが

もしも自分で作りたい場合は

 

以下の動画を参考にしてください。

 

 

血圧を下げる飲み物その2 コーヒー

カフェインが血圧を上げるからあまりコーヒーは飲むな

と長らく言われていました。

 

しかしこちらの記事でお話ししていますが

むしろコーヒーを飲んだ方が高血圧の危険性が下がる

という研究結果が出ています。

 

ちなみにその研究結果では

1日に4杯以上コーヒーを飲むと

高血圧リスクが優位に減ることがわかっているみたいです。

 

コーヒーが好きな人は

特別我慢することなく飲んでも大丈夫です。

 

ただしコーヒーを飲む際には

砂糖をなるべく使わないで飲むようにしましょう。

 

でないと糖分の摂りすぎによって

別の影響が出てしまいますからね。

 

最後に

ここまで血圧を下げる飲み物についてお話ししていきました。

 

高血圧になると降圧剤を処方されることが一般的です。

 

しかし降圧剤はこちらの記事でもお話ししていますが

私は百害あって一利なしと本気で思っています。

 

ですから降圧剤に頼らなくても大丈夫なように

血圧に効果があるものを積極的に取り入れる姿勢は非常に大事です。

 

このサイトを通して降圧剤に頼らずに

血圧をきちんと下げる知識を学んでいただけたらと思います。

 

それではこの辺りで失礼します。

 

PS

より血圧を下げる効果を高めるなら

ストレッチも有効な手段です。

 

PS2

ちなみにこういったものでも血圧を下げることができます。

 

しかも頭がスッキリして仕事効率も上がりますよ。

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を39mmHg下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

降圧剤を飲むと死を招く恐れがあります。

と言われても
死なないために降圧剤を飲むんじゃないの?

と思いますよね。
でも実際に私の患者さんで亡くなった方がいます。

その方はお孫さんを可愛がる、釣りが趣味の明るい方でした。
でも、もう帰ってくることはありません。

私自身、高血圧になりわかりました。
世の中の高血圧治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい血圧改善法を知り試した結果
降圧剤・減塩・運動なしで根本から血圧を下げることができました。

その値、なんと最高血圧-39mmHg,最低血圧-30mmHg

その方法を私の元に来院される患者さんに伝えると
ありがたいことに血圧が良くなった方がいます。

高血圧は降圧剤・減塩・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が高血圧を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

降圧剤・減塩・運動なしで血圧を改善したやまざきの治療体験記


私が実際に一ヶ月間飲んで本当に血圧に変化があった体験記


最高血圧 -25mmHg、最低血圧 -18mmHgの数値の変化がありました

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495